Phantazuma:視界制御フィルムとペッパーズゴーストを組み合わせた 観賞者の位置によって異なる内容を観られる舞台機構の試作

著者:千葉一磨 中山祐之介 橋田朋子(早稲田大学)

本研究では観客の位置によって同じ舞台を見ながら異なる内容を観賞できる舞台機構の実現を目指している。そこで、見る角度によって透明・不透明が変化する視界制御フィルムを従来のペッパーズ・ゴーストの仕組みと組み合わせる。具体的には、舞台と観客の間に設置した複数のフィルム付ハーフミラー の角度と、演者が立つ奥の主舞台、ミラーに反射像(ゴースト)を映すためにある手前のゴースト舞台 それぞれの照明の明るさを制御する。これにより同じ劇場にいる観客はそれぞれの観賞位置に応じて演者とゴーストのどちらか、あるいは両方の3つの異なる出現パターンを観ることができる。

  • 情報処理学会エンターテイメントコンピューティング2018 論文賞(ショート)受賞
  • 国際学会VRST2018 ポスター発表 査読通過

ポスター画像(日本語)

Posted by:kazumachiba

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中